トップ 愚者の木 料金/ながれ セッション風景 お問合わせ





セ   ラ   ピ   ス   ト   の   紹   介




虐待の連鎖を受け継ぐ家系に一人娘として生まれ、
7歳で父に、17歳で母に家を出て行かれた。



1人で生きていくことを余儀なくされた頃、
2人のヒプノセラピスト
(催眠療法とカウンセリングの先生)に出会い、
セッションを受けながらご飯も頂くなど、
親がわりのように面倒を見て頂く中で自身を癒していった。


2人の先生に心理学、カウンセリング、ヒプノセラピーについて教わり、
講習会の補佐などをしながら、奨学金で大学に通った。









このヒプノセラピストの友人の
スピリチュアルカウンセラーの元に出入りするうち
透視能力が開花。

次々に見えるビジョンを言葉と絵で書き留め、
事実と一致するかを検証する日々が続いた。
また1人のクライアントを先生と2人でリーディングし、
照合を重ねた。


photo by Thomas Leuthard







大学卒業後インドへ渡る。


インド伝統医学を学ぶため現地のドクターから講義を、
セラピストから実技指導を受け、
古来からの心身のケア、聖典、宇宙の仕組みなど幅広く学習。


同時にヨガのマスターにも指導を受け、
エネルギーワークやスピリチュアルな考え方に関心を深め
アラブへ。


photo by luxt.design






アラブではキリスト教とイスラム教の
比較文化や翻訳を手がける師匠の元に
住み込みで学び、 魂が持つ可能性の偉大さに触れ、
深い感銘を受けた。


photo by Andy Wasley






心理カウンセラーの資格の他、ヒプノセラピー、アーユルヴェーダ(インド研修)、
リフレクソロジー、アロマテラピー、などのディプロマを持つ。
現在は日本に拠点を置き、
海外からのセッション依頼も受け付けながら
スピリチュアルに関する本の翻訳も手がけるなど、
精力的に活動中。

セラピスト